ピュアな忘れられない初恋

初めて出来た好きな人

小学生四年生、初めて出来た好きな人。

だけど幼なじみもその人を好きでした。

五年生・六年生と話す機会が多くなりどんどん大きくなる恋心。

噂では両思いだけど幼なじみのことが頭をよぎって告白も出来ない自分に卒業式の後、好きな人から呼び出されました。

その内容とは、、?

卒業式に

卒業まで何もできなかった自分にとうとう卒業式がやってきました。

楽しかったね、と友達と話すなか、頭では最後に告白しようと思ってた矢先。

好きな人の友達から、好きな人が話があるらしいからとよく遊んでた公園に呼び出しがありました。

ドキドキしながら「もう告白しよう!!」と思いました。

でも恥ずかしく「話ってなに?」と冷たくいってしまった。

好きな人は「私ちゃん(私の名前)って好きな人いるの?」の一言。

「いるけど。幼なじみちゃん(幼なじみの名前)と好きな人一緒なんだよ。告白しようか悩んでる。」と伝えた。

「え、そうなんだ。そっかー…えっと俺と付き合ってくない?」と告白された。

ビックリして「え、なんで?」っとまたまた冷たくゆってしまった。

「好きなんだ」と一言。

嬉しすぎて返事より先に泣いてしまいました。

「私も好きです。」

初恋の人と結ばれる事になりました。

幼なじみに伝えると
「今日告白するって言ってた人と付き合うやろうだろうなって思ってたよ。おめでとう!」と祝福されました。

今でも忘れられない初恋、両思いの思い出です。

今では初恋の人とも仲良しのお友達で笑いながらこの話をして少しポッとするほどピュアな初恋でした!!

 

桜

初めてのバレンタインデー

バレンタインデー

バレンタインデーなんて、どうやって知ったのかすら覚えていません。

チョコレートを渡すなんてことも、どこから聞いたのでしょうか。

本当におませだったのですね、私。

彼の記憶に、こんな恥ずかしい出来事が残っていませんように。

 

嫌いな男の子が・・・

はじめは、どちらかというと嫌いな男の子でした。

それが、中学校の理科の授業で同じ班になり、二人でキックボクシングの話で盛り上がるようになってから意識するようになったのです。

背は大きいほうではありませんでしたが、バスケの上手な子でした。

その頃読んでいた漫画にでも書いてあったのでしょうか。

バレンタインデーなんていうハイカラな行事を知った私は長い時間をかけて、必死でプレゼント用に下手なマフラーを編み、チョコレートと一緒に渡すという暴挙に出たのです。

たぶん彼はバレンタインデーなるものを知らなかったと思います。

渡したチョコレートも、たしかその辺で売っている赤い包みのミルクチョコレートでした。

放課後に友達が呼び出してくれて渡しました。

どう思ったかは、わかりませんが彼は受け取ってくれました。

今思えば、プレゼントとチョコを渡すことだけで満足だったんですね。

好きだと伝えたかったわけではなっかたのです。

たったそれだけのことでしたが、私の初恋とバレンタインデーデビュー!

 

ダメ男でも大好きなんです・・・

なぜかダメな男ばかり

私の恋愛は男運のないダメな男ばかりを引き寄せてしまいます。
そんな今回の私の恋愛はギャンブル男でした。
やがて借金がある事も分かり、私にもお金を要求するようになってきました。
彼と別れたくない一心でお金も工面してましたが辛さを乗り越えて彼と断ち切る事ができました。

 

男運のない恋愛ばかり

私は男運のない恋愛ばかりしています。
付き合う男の人はダメな人が多いのです。
暴力を振る男性や、浮気をする男、だらしない生活をする男とさまざまなダメ男と付き合ってきました。
今回の人は凄くかっこ良くて私のタイプでした。
一緒に居るだけで何でも許せるくらいカッコいいんです。
そしてすぐにダメな所が出てきました。
ギャンブル好きな彼はパチンコ漬けの毎日でした。
貰うプレゼントは景品ばかり、それでもちゃんと私の事を考えてくれているのがとても嬉しかったです。
そんな彼は借金がある事を知りました。
さすがにお金が絡むと付き合えないと分かっていましたが、それ以上に好きと言う気持ちが勝っていました。
お金を貸して欲しいと言われるようになってきました。
それでも断ると別れると言われました。
何よりも別れる方が嫌だった私は彼の為に我武者羅に働きました。
それでも莫大な金額を請求されるようになって目が覚めました。
彼との別れは淋しくて辛くて何度も何度も彼の元へ行きたくなりました。
彼依存症になりましたが、将来の事を考えると地獄です
葛藤と闘いながら、彼の気持ちを断ち切る事ができました。
今は仕事が恋人です。