画像:断る

子持ち男性からのアプローチ、子どもを理由に断ってもいい?

画像:断る

最近ではシングルマザーだけではなくシングルファーザーも増えています。
離婚率も年々上昇していることからもわかるように、子持ちの人と出会う可能性は高くなっているのです。
特に35歳を超えたあたりからは男女共々バツが付いた人たちが増えてくるでしょう。
バツが付いているからといって恋愛対象として外してしまう人もいるでしょうが、たまたま好意を持った相手がシングルだったということは珍しいことではありません。

一度結婚で失敗しているので恋愛をしてもホッとできることも多いでしょうし、無駄に焦ることもありません。
恋愛を楽しみたいと考える人もいるようです。
ただし、恋愛の最終地点をどこに持ってくるかでその相手で本当に良いのか考えなくてはいけない時が必ずきます。
特に子どもがいる場合にはそこがネックになってくるのです。

例えば、子持ち男性からアプローチされているとします。
男性自身には魅力を感じているものの、ネックになってくるのが子どもの存在です。
恋愛を経て、いずれ再婚をすることになった場合、あなたはその子どものお母さんになるのです。
自分で産んだ子どもでもない上に、子育て自体したこともありません。
ただの彼氏・彼女の状態であれば考える必要がありませんが、いずれのことも考えて男性はアプローチしていることも考えなくてはいけないのです。

子どもを育てるということは並大抵の努力ではできるものではありません。
自分で産んだとしても大変なものです。
可愛いだけでは済みません。
男性のことが好きだから全てを受け入れるなんてことを簡単に言えることではないのです。
きれいごとだけでは子育てはできません。
アプローチを受けること自体は喜ばしいものの、先を考えた時に無理だと判断した場合、それを理由に断っても良いのではないでしょうか。
偽善だけで交際をスタートすることは後々自分が苦しむことになります。

そのような理由で断った場合、自分が悪者になったような気持ちになるかもしれません。
でも半端な気持ちで答えて良い相手ではないのです。
男性もそのように言われることは覚悟しているでしょう。
同情心だけでお付き合いをスタートすることも男性を傷つけてしまいますし、子どもと会う事があればそこも傷つけてしまいかねません。
男性を思うのであれば、はっきり断ってあげるのも優しさです。
中には言いくるめてくるようなタイプの男性もいるかもしれませんが、そこは頑なに無理だと告げて良いでしょう。