画像:親子

子連れ恋愛でも父親探しは厳禁!自分の良きパートナーを探しましょう

画像:親子

子連れの人が恋愛をする場合、父親としての適性が相手にあるかどうかを考えてしまいがちですがそのような考えでは恋愛や結婚が本末転倒になってしまいますので父親探しでは無くで自分のパートナーとして適性があるかどうかで判断するのがポイントです。
父親として適性があるかどうかと恋愛相手として自分が相手を愛することが出来るかどうかは異なります。
子連れだからといって自分を否定したり卑下することはありません。

自分に心を持っている人は魅力的ですし子連れでも独身の人よりもモテる人もたくさんいます。
自分の子供を愛するあまり子供にお父さんを探してあげたいと考えるのはごく自然な事です。
しかしお父さんとしてあまりに適性が無い人の事を好きになるかというと、それはあまりないケースと言えるでしょう。
それよりも心から愛することが出来る相手と一緒に暮らしているうちにそれぞれが家族として成長していくのが理想です。
初めは少しぎくしゃくするのも普通ですし、徐々に家族になっていけばよいので初めから父親としてふさわしいかどうかを考えずに恋愛相手を探すようにしましょう。

パートナー探しをするときに父親捜しをするのは厳禁ですが、子どもを交えて食事をしたり遊びに行くようなデートを繰り返すうちに父親として適性があるかどうかは明確になってきます。
子連れの恋愛では初めは子どもなしでデートをすることもありますが頻繁に合うとなると子供も一緒にデートをする機会も増えてきます。
子連れでデートをしたときに楽しく時間を過ごすことが出来るかどうかが重要ですし、あくまで主役はカップル本人ですので子供のことを過度に考えすぎずに本人同士のフィーリングを重視するとその後も関係を続けることが容易になります。

子供のことを重視しすぎて父親捜しをメインにパートナー探しをした場合には付き合ったり結婚するに至った場合にこんなはずではなかったと感じることも少なくありません。
又、子どもとパートナーが必ずしもうまくいくとも限りませんのでそのようなことにならないためにも本人同士の相性や恋愛感情をメインにパートナー選びをするのが重要です。
相手の事を愛して大切に思っているのであればその子供の事を大切にするのは自然な事ですし、過度に心配する必要はないといえます。
その代わり恋愛関係を続けている上で身勝手な行動や冷たい部分などがないかどうかはチェックしておくことが大切と言えるでしょう。