画像:子供に嫌われる

子どもに嫌われたら恋愛継続は不可能と心得よ!

画像:子供に嫌われる

様々な形が存在する恋愛。
時には子連れのシングルマザーと恋愛関係になることもあるかもしれません。
そんな時、大きい小さいにかかわらず気になる存在なのが彼女の子どもです。
彼女は女性である以上に母親であるということを尊重して、子どもを含めて良好な関係を築く必要があります。
真剣に恋愛をしているならばなおさら、自分から子どもを気遣い、母親としての役割を全うできるように配慮していかなければいけません。
女性側も交際をする上で子連れであることに引け目を感じてしまっているかもしれませんが、全くそのような心配は無用である、というような言葉や態度で安心させてあげましょう。
ただし、あなたがどんなに優しく、配慮ある行動をとっていたとしても子供に嫌われてしまうということは往々にしてあります。
思春期であればなおさら、母親を取られたような気持になって嫌がる可能性も出てきます。
母親が恋愛をしているということそのものに嫌悪感を抱いているということもあり、その場合はあなたがどうにかできる問題ではないと感じてしまうかもしれません。
ですが、嫌われないように、好きになってもらえるように振舞うのは逆効果になる場合があります。
子どもは思っている以上に大人の目論見や心中を察する目を持っています。
媚びるような態度や機嫌を取るような態度は疑われる原因にもなりかねません。
そこで、子連れ女性と恋愛するために必須の心得は「常に自然体でいる」ということです。
真剣に将来を考えるならば、いずれ自分の子として一緒に生活していくことになります。
その時、不自然な態度や気を使った行動をしているといつまでたっても本当の家族、気の抜ける家庭になることができません。
女性の方も子どもの意見を尊重してあなたとの付き合いを改めるということにも簡単になってしまいます。
そうならないためにも、常に自然体を貫き、叱る部分は叱る、ほめる部分は褒める、良いと思ったこと、悪いと思ったことを素直に表現することです。
あなた自身が父親になった気持ちで真剣に向き合えば、恋愛関係とともに親子関係という新たな絆でつながることができるようになります。
腫れ物に触るような態度は改めて、しっかりと親としての目を向けてあげましょう。
あなたにとっては初めての経験で戸惑うこともあるかもしれませんが、いづれ本物の父親になることもあるはずです。
その時にどんな父親になるか、彼女としても興味深くあなたを観察していると心得ましょう。