画像:プロポーズ

子持ち女性がグッとくる告白&アプローチ

画像:プロポーズ

現在35歳、子持ちのシングルマザーのお話です。
離婚して6年程ですが、3年前からお付き合いしている男性がいるそうです。

彼はもともと友達だった人ですが、彼女に好意を抱いてくれていることは知っていて、結婚しているときもお互いにいろいろな話をしていたので離婚後恋愛に発展したのは自然な流れだったように思えます。

彼は結婚歴がない彼女より年上の男性なのですが、やはり子どもとの接し方がわからずに苦労している部分もあるようです。

反対に離婚歴のある男性で、子育て経験もある場合なら、子連れの女性とのお付き合いもスムーズにいくと思います。

彼女自身ももとは子どもが苦手でしたが、自分が親の立場になると本当にそれまでが嘘のように子どもがかわいいと思えるようになったそうです。
子育ての時間も長くなるほど自分の子以外の子どももかわいくて仕方ないと思えるようになりました。

お付き合いしている彼からは、あまりに自然すぎてはっきりと告白してもらう前に一緒にいるのが当たりまえになってしまったことが残念でした。

子持ちの恋愛は難しいという事実は、やはり現実的に感じていました。

彼が彼の両親から一度、わたしとのお付き合いを反対されたことを聞いたときには正直悔しい気持ちになりました。

ただ、それから彼はわたしの知らないうちに両親への説得を続けてくれていて、わたしがどんな人物か、どれほど大切なのかを伝えてくれていたようなのです。

今年のわたしの誕生日に、彼はレストランを予約してくれました。
グルメで日頃からデートや家族で食事に出かけることも多いし、大人がいくような素敵なお店にも連れて行ってくれるので、わたしもいつもの感じでお店に向かいました。

ふたりで乾杯して、食事をはじめようとするところまではいつも通りだったのですが、彼が紹介したい人がいると言って両親を連れてきたときには驚きました。

一瞬、彼の両親に合うにはわたしも心の準備や見た目の準備が必要なのに!という気持ちも芽生えましたが、一度反対されたと聞いていた両親がにこやかに接してくれたときに思わず涙があふれてしまうほどでした。

そのあと彼からわたしと両親の前でわたしへのプロポーズの言葉を貰い、再婚の約束をしました。

子どもたち少し難しい年頃になってきてはいますが、わたしが幸せそうなことはやはり嬉しいようです。
離婚後しばらくは恋愛や再婚はもういいと思っていたわたしですが、彼からわたしと家族をつなげるアプローチをしてくれたことに感謝しています。

いまは恋愛期間中よりももっと幸せになりたいと思っています。