画像:NG

子どもが彼氏を受け入れるのに前夫の悪口はNG

画像:NG

離婚後、素敵な男性に出会い、再婚を考え始めたが、子どもが受け入れてくれるか心配、と悩んでいるシングルマザーは多いのではないでしょうか。
再婚して新たな家庭を築くことは、子どもの成長にとっても望ましいことですが、急激な変化に対して、強い反発心を覚えるお子さんもいるでしょう。
そんな際に、早く新しい恋人を受け入れてもらうため、前夫と比較して、良い部分をアピールしてしまう、ということもありそうです。
しかしこれは、受け入れる気持ちを高めるどころか、より反発心を強めてしまう行動だといえるでしょう。

一般的に、結婚と家庭は恋愛関係からスタートすることが多いものですが、子どもにとっては、自分が生まれてからの家庭が、すべてとなります。
このため、前夫と母が恋愛関係を通して結婚し、家庭を築いたということも、イメージしにくいものです。
母親からすると、前夫はかつての恋愛相手であり、現在の恋愛相手と比較しやすい対象でもあります。
このため、新しい恋人は、前の夫よりも良い点がたくさんある、と子どもにアピールしたくなってしまうこともあるでしょう。
しかし、子ども目線で見ると、前の夫と新しい恋人はまったく違った存在であり、比較すること自体が難しい場合もあります。
すると、母親の意見をただの悪口のように捉えてしまい、新しい恋人が登場したことで、自分の父親が否定されるようになった、と感じるかもしれません。
この結果、自分自身の存在も否定されてしまうかもしれない、そんな不安が生じることもあるでしょう。
そうなれば、より一層新しい恋人に反発をし、自分と母から遠ざけるようとする、ということも起こります。
あの人は自分から母親を奪おうとしているかもしれない、一度こういった疑念が生じてしまうと、受け入れてもらうことがさらに困難になります。
最初の印象が肝心ですから、新しい恋人の登場によって生じる不安感を、安心感に変えてあげることが、重要となるでしょう。

スムーズに受け入れてもらうためには、急がないこと、そして前夫と比較しないことが、大切だといえます。
子どもは環境の変化に敏感ですから、少しずつ理解を深めてもらい、慣れていってもらうのが一番かもしれません。
新しい恋人のことを、自分を脅かさない存在だと感じられるようになれば、自然と受け入れる気持ちが育っていくのではないでしょうか。
不安を拭い去ることができれば、自分の母親を笑顔にしてくれる存在として、徐々に心を開いてくれるかもしれません。