画像:タイミング

子どもと恋人を会わせるタイミングには注意が必要

画像:タイミング

苦労しがちな恋愛と言えばシングルマザーの場合でしょう。
恋人からすれば他人の子どもが一緒なわけですから、すんなりと受け入れてくれるということは少ないです。
しかしながら過程を経て行動すれば子持ちの恋愛も上手くいきやすくなります。
大事なのは子どもと会わせるタイミングですが、まず恋愛期間が初期の段階でいきなり顔合わせをさせるのは注意が必要です。
たとえ恋人が子持ちということを理解した上での付き合いだったとしても、いきなり子どもの存在感が大きくなってしまうと相手も躊躇してしまう可能性があります。
相手にもある程度の覚悟ができている時ではないと、負担が大き過ぎてしまう懸念がありますから注意しましょう。
ところで、普段の会話でもあまり子どものことを話題に出し過ぎてしまうのも良くありません。
デートの時に家庭的なことばかりを言われてしまうと、恋人もそこに入り込む覚悟を失ってしまったり、恋愛感情すらも消えやすくなったりと、萎縮させてしまう恐れがあります。
最初から全てを知っておいて欲しいという女性側の気持ちもありますから、何かと話題にしたくなるのも無理はありませんが、しかし急いてしまうと失敗をすることもありますから、まずは二人だけの世界を楽しみ、少し恋愛関係が落ち着いてきてから、徐々に将来のことについても触れていくようにした方が良いでしょう。
なお、タイミングを見計らって行動をするのは、大人同士のことだけを考慮したものではありません。
子ども側からしても大事なことであり、なぜなら事あるごとに見知らぬ男性に会わせられてしまうと、子どもの気持ちが傷ついてしまう懸念もあるからです。
やたらに接触をさせてしまうのはあまり良くないことではありますから、ここぞという時に絞って場を設けることが大切です。
では、いつになったら会わせるようにした方が良いのかと言えば、恋人の方から望んだ時が良い方向にいきやすいと言えるでしょう。
女性側への愛情がそれなりに強固になったということであり、また、父親になるためのある程度の覚悟も持てたというサインですので、比較的上手くいきやすくなるはずです。
それでも実際に会わせた結果、上手くいかないこともあると思われますが、そういった時は縁がなかったと諦めることも大切です。
恋人からすればいきなり子持ちになるわけですので覚悟が決まらないこともあります。
そうした気持ちを責めてしまうのは酷でもありますから、次の縁に期待して前向きに考えるようにしましょう。