子持ち男性からのアプローチ、子どもを理由に断ってもいい?

画像:断る

最近ではシングルマザーだけではなくシングルファーザーも増えています。
離婚率も年々上昇していることからもわかるように、子持ちの人と出会う可能性は高くなっているのです。
特に35歳を超えたあたりからは男女共々バツが付いた人たちが増えてくるでしょう。
バツが付いているからといって恋愛対象として外してしまう人もいるでしょうが、たまたま好意を持った相手がシングルだったということは珍しいことではありません。

一度結婚で失敗しているので恋愛をしてもホッとできることも多いでしょうし、無駄に焦ることもありません。
恋愛を楽しみたいと考える人もいるようです。
ただし、恋愛の最終地点をどこに持ってくるかでその相手で本当に良いのか考えなくてはいけない時が必ずきます。
特に子どもがいる場合にはそこがネックになってくるのです。

例えば、子持ち男性からアプローチされているとします。
男性自身には魅力を感じているものの、ネックになってくるのが子どもの存在です。
恋愛を経て、いずれ再婚をすることになった場合、あなたはその子どものお母さんになるのです。
自分で産んだ子どもでもない上に、子育て自体したこともありません。
ただの彼氏・彼女の状態であれば考える必要がありませんが、いずれのことも考えて男性はアプローチしていることも考えなくてはいけないのです。

子どもを育てるということは並大抵の努力ではできるものではありません。
自分で産んだとしても大変なものです。
可愛いだけでは済みません。
男性のことが好きだから全てを受け入れるなんてことを簡単に言えることではないのです。
きれいごとだけでは子育てはできません。
アプローチを受けること自体は喜ばしいものの、先を考えた時に無理だと判断した場合、それを理由に断っても良いのではないでしょうか。
偽善だけで交際をスタートすることは後々自分が苦しむことになります。

そのような理由で断った場合、自分が悪者になったような気持ちになるかもしれません。
でも半端な気持ちで答えて良い相手ではないのです。
男性もそのように言われることは覚悟しているでしょう。
同情心だけでお付き合いをスタートすることも男性を傷つけてしまいますし、子どもと会う事があればそこも傷つけてしまいかねません。
男性を思うのであれば、はっきり断ってあげるのも優しさです。
中には言いくるめてくるようなタイプの男性もいるかもしれませんが、そこは頑なに無理だと告げて良いでしょう。

子どもがいるから・・・自分自身の先入観が恋人を作らせないのかも

子どもがいるから、自分は恋愛をしてはいけないと決めつけている方もいます。
ですが子持ちで離婚歴があったとしても、恋愛してはいけない理由などはどこにもありません。
そのような決めつけをしている方が多い背景には、世間的な目や先入観があげられます。
ですが子ども側から見ると、自分のせいで母親や父親が恋愛ができずに縛られているという思いをされるのも嫌なものです。
自分のせいで親に我慢をさせていると思って、思いつめる子も中にはいます。
そのようなことを防ぐためにも、子持ちだからといって、自分の気持ちに正直に生きることも大切です。

子どもがいても恋愛はできるといっても、世間的な目を気にして気持ちにふたをしてしまう方が多いのも事実です。
シングルマザーやシングルファーザーとして子育てをしている場合、仕事だけではなく、家事まですべて自分で行わなければいけません。
場合によっては保育園の送り迎えや保護者会などにも参加しなければならないため、自分の時間を持つのが難しいのです。
だからといって保育園や学校の時間帯に仕事をさぼって恋愛をするのは、抵抗感を持ってしまう行為です。
ですが仕事以外の時間は子育てに追われていると、彼氏や彼女ができてもデートする時間やメールする時間も取れません。

このようなシングルマザーやシングルファーザーは、子持ちだという先入観だけではなく、時間的な都合から恋愛ができないと思い込んでしまう方も多くいます。
ですがこのような決めつけは、自分自身のストレスをため込んでいるだけかもしれません。
子どものことを優先するのも親として大切なことですが、時には自分の時間を大切にすることも忘れないようにしましょう。
そこで恋愛をしたいと思っている気持ちが少しでもあるのなら、子持ちだということを理解してくれる方と付き合いましょう。

また自分の時間を大切にするといっても、子どものことをおろそかにしてはいけません。
親に彼氏や彼女ができたと知ったら、子どもは親を取られると思うこともあります。
そこで寂しい思いをさせないようにしながら、早めに彼氏や彼女を紹介しておくのも1つの手です。
紹介したら結婚までたどり着きやすくなりますし、結婚してしまえば、2人の時間もシングルマザーやシングルファーザーとして付き合っていた時よりも確保しやすくなります。
ただし付き合った初期段階から結婚を意識させると、彼氏や彼女との関係がうまくいきにくいので注意しましょう。

子持ち女性と別れるのに「子ども」を理由にしてOK?

画像:子

恋愛の形は人それぞれとなっており、様々です。
独身同士の男女のカップルが大半を占めていますが、中には子持ちの異性と恋愛関係になっている方も多数います。
しかし、強く心惹かれる異性であっても子どもがいる場合は普通のカップルのような付き合い方が難しいケースが多いです。
したがって、子持ち女性に別れを告げる男性が後を絶ちません。
ですが、子持ちの女性と別れる理由に「子ども」を理由にして本当に良いのでしょうか。

多くの子連れの女性が新しい男性と恋愛関係になる場合は、「子どもを理由に別れを告げられる」という覚悟はある筈です。
そもそも、「子ども」がいるからこそ交際自体が成り立つ事は無いと考えるシングルマザーが殆どです。
したがって、交際に終止符を打つ為の理由に「子ども」を使う事は一概に悪いという訳ではありません。
しかし、子どもを理由に別れを告げられた女性の中には自由に恋愛が出来ないという制約に耐えられなくなる場合があります。
特に、10代や20代前半でシングルマザーになっている女性は慣れない育児と仕事の両立に精神的に疲弊しています。
育児や仕事の疲れを好きな相手と過ごす事によってストレスを発散させている場合も多いです。
そして、「自分が他の女性のように自由な恋が出来ないのは子どもがいるからだ」と考えるようになります。
その結果、自ら辛い思いをして産んだ子を虐待してしまうのです。
血の繋がりが全くない赤の他人の子であっても、好きになった女性が子持ちである事を承知で交際していたのであれば彼女の子どもに対しても情が芽生えています。
それゆえに、以前の交際相手が子どもを虐待したという報道が世間に出てしまうと大半の男性は罪悪感に悩まされてしまうでしょう。
そのような場合は別れの理由に「子ども」を使わない方がお互いにとってマイナスの影響を与えなくて済みます。

男性の視点に立つと、血縁ではない子をひとつの恋愛を終わらせる手段として用いる事は常識外れという訳ではありません。
むしろ、婚姻関係を結んでいないので「子ども」を理由にされる事は交際相手の女性もある程度は予想している事柄です。
しかし、シングルマザーの女性の中には年齢が若く、男性に依存してしまいがちな方も多くいます。
したがって、交際相手の女性の性格や普段どのように子どもと接しているかどうかをある程度理解した上で「子ども」を理由にしていいかどうかを判断する必要があります。

子持ち女性がグッとくる告白&アプローチ

画像:プロポーズ

現在35歳、子持ちのシングルマザーのお話です。
離婚して6年程ですが、3年前からお付き合いしている男性がいるそうです。

彼はもともと友達だった人ですが、彼女に好意を抱いてくれていることは知っていて、結婚しているときもお互いにいろいろな話をしていたので離婚後恋愛に発展したのは自然な流れだったように思えます。

彼は結婚歴がない彼女より年上の男性なのですが、やはり子どもとの接し方がわからずに苦労している部分もあるようです。

反対に離婚歴のある男性で、子育て経験もある場合なら、子連れの女性とのお付き合いもスムーズにいくと思います。

彼女自身ももとは子どもが苦手でしたが、自分が親の立場になると本当にそれまでが嘘のように子どもがかわいいと思えるようになったそうです。
子育ての時間も長くなるほど自分の子以外の子どももかわいくて仕方ないと思えるようになりました。

お付き合いしている彼からは、あまりに自然すぎてはっきりと告白してもらう前に一緒にいるのが当たりまえになってしまったことが残念でした。

子持ちの恋愛は難しいという事実は、やはり現実的に感じていました。

彼が彼の両親から一度、わたしとのお付き合いを反対されたことを聞いたときには正直悔しい気持ちになりました。

ただ、それから彼はわたしの知らないうちに両親への説得を続けてくれていて、わたしがどんな人物か、どれほど大切なのかを伝えてくれていたようなのです。

今年のわたしの誕生日に、彼はレストランを予約してくれました。
グルメで日頃からデートや家族で食事に出かけることも多いし、大人がいくような素敵なお店にも連れて行ってくれるので、わたしもいつもの感じでお店に向かいました。

ふたりで乾杯して、食事をはじめようとするところまではいつも通りだったのですが、彼が紹介したい人がいると言って両親を連れてきたときには驚きました。

一瞬、彼の両親に合うにはわたしも心の準備や見た目の準備が必要なのに!という気持ちも芽生えましたが、一度反対されたと聞いていた両親がにこやかに接してくれたときに思わず涙があふれてしまうほどでした。

そのあと彼からわたしと両親の前でわたしへのプロポーズの言葉を貰い、再婚の約束をしました。

子どもたち少し難しい年頃になってきてはいますが、わたしが幸せそうなことはやはり嬉しいようです。
離婚後しばらくは恋愛や再婚はもういいと思っていたわたしですが、彼からわたしと家族をつなげるアプローチをしてくれたことに感謝しています。

いまは恋愛期間中よりももっと幸せになりたいと思っています。

子どもに嫌われたら恋愛継続は不可能と心得よ!

画像:子供に嫌われる

様々な形が存在する恋愛。
時には子連れのシングルマザーと恋愛関係になることもあるかもしれません。
そんな時、大きい小さいにかかわらず気になる存在なのが彼女の子どもです。
彼女は女性である以上に母親であるということを尊重して、子どもを含めて良好な関係を築く必要があります。
真剣に恋愛をしているならばなおさら、自分から子どもを気遣い、母親としての役割を全うできるように配慮していかなければいけません。
女性側も交際をする上で子連れであることに引け目を感じてしまっているかもしれませんが、全くそのような心配は無用である、というような言葉や態度で安心させてあげましょう。
ただし、あなたがどんなに優しく、配慮ある行動をとっていたとしても子供に嫌われてしまうということは往々にしてあります。
思春期であればなおさら、母親を取られたような気持になって嫌がる可能性も出てきます。
母親が恋愛をしているということそのものに嫌悪感を抱いているということもあり、その場合はあなたがどうにかできる問題ではないと感じてしまうかもしれません。
ですが、嫌われないように、好きになってもらえるように振舞うのは逆効果になる場合があります。
子どもは思っている以上に大人の目論見や心中を察する目を持っています。
媚びるような態度や機嫌を取るような態度は疑われる原因にもなりかねません。
そこで、子連れ女性と恋愛するために必須の心得は「常に自然体でいる」ということです。
真剣に将来を考えるならば、いずれ自分の子として一緒に生活していくことになります。
その時、不自然な態度や気を使った行動をしているといつまでたっても本当の家族、気の抜ける家庭になることができません。
女性の方も子どもの意見を尊重してあなたとの付き合いを改めるということにも簡単になってしまいます。
そうならないためにも、常に自然体を貫き、叱る部分は叱る、ほめる部分は褒める、良いと思ったこと、悪いと思ったことを素直に表現することです。
あなた自身が父親になった気持ちで真剣に向き合えば、恋愛関係とともに親子関係という新たな絆でつながることができるようになります。
腫れ物に触るような態度は改めて、しっかりと親としての目を向けてあげましょう。
あなたにとっては初めての経験で戸惑うこともあるかもしれませんが、いづれ本物の父親になることもあるはずです。
その時にどんな父親になるか、彼女としても興味深くあなたを観察していると心得ましょう。

子どもの実父・実母のことが気になる!子連れのパートナーとの恋愛

画像:花

人は生きている限り、いくつになっても誰かに恋をします。
恋愛に年齢制限は無いと言ってもいいでしょう。
死ぬまでが出会いの連続です。
大好きになった人と結婚し、子どもを授かり、幸せに暮らす、そんな事が結婚した人全員が出来るならば、何の問題も無い世の中ですが、現実はそうはいきません。
様々な理由で離婚する人が珍しくなくなりました。
離婚後は一生恋愛しない、と決めて実践している人は別ですが、多くの人は離婚後素敵な人がいれば恋愛したい、更には再婚したいと考える人が多いのも事実です。
実際、付き合ってみたら実は相手が離婚経験者だった、ということも珍しくありません。
それだけならばまだ話は簡単だったかもしれませんが、子どもまでいたとなると話は違ってきます。
相手が子連れだった場合、交際自体にも悩む人が多いでしょう。
それでもやはり相手の事が好きだから、相手の子どもともなるべく良い関係が築けるように頑張ろう、とする人が多いと思います。
その中でどうしてもきになってくるのは、子どもとの関係だけではなく、その子の実母や実父のことでしょう。
交際相手が一度は結婚し、子どもまで儲けた相手のことです。
気にならないという方がおかしなことです。
離婚を経験していない恋人同士の間でも元カレ、元カノの事が気になるのと一緒です。
離婚経験者と恋愛している場合は、別れた相手との関係がより深い為に余計に気になると言えます。
子どもに関しても、やっと最近心を開いて来てくれたかな、と思ったりしても、それでもやはり別れた実母、実父の方が好きなんだろうな、と気になることがあるでしょう。
そんな時にはまず、交際相手に子どもの実母、実父がどんな人だったか聞いてみましょう。
モヤモヤ悩んだり、気にしているだけでは何の解決にもなりません。
あなたが気になるという素直な気持ちを伝えてみましょう。
相手が話したくないというならば、それはそれで仕方ありません。
もう思い出したくも話したくも無い人なんだと、自分の中で回答を見つけましょう。
相手が話してくれたならば、話してくれた以上の事を無理に聞き出そうとしたり、更に自分で調べようとすることは絶対にやめて下さい。
話してくれた事を自分の胸の内にしまい、それで納得しましょう。
話してくれた事、それ自体があなたに対する思いやりです。
子どもに対しても、自分をその子の実母実父と比較して考えるのは絶対にやめましょう。
それこそ子どもにとっては離婚していようが、父や母であることは変わりません。
比較すること自体が無意味なのです。
子連れの相手との恋愛は、そうでない恋愛に比べても困難が多いと思いますが、何か不安を感じた時、どうしても気になることがある時は、素直に交際相手にその事を伝えましょう。
その一つ一つを二人で乗り越えて行くことが出来れば、愛情だけではなく信頼関係も必ず深まり、良い未来が待っていることでしょう。

それダメ!!子連れの彼女に見限られるNGワード

画像:子供

シングルマザーは男性にモテる傾向があるようです。

離婚後、自立して働きながら家庭を養っている逞しさや健気さなど内面からの輝きと、再び恋愛に取り組もうとする努力が見た目の美しさにあらわれることもその理由なのかもしれません。

苦難を乗り越えているからこそ、人にやさしく大きな心で接することができるため、包容力を感じることもるようです。

子連れの女性を好きになった男性は、お付き合いにもそれなりの覚悟が必要です。

離婚を経験した女性は、ひとりきりで地に足をつけて頑張ってきた人です。
しかしだからといって、強い部分だけではありません。

少し気が強いように思えても、心はやはり女性の繊細さももっています。
そして、男性には一度失望した経験があるので、初対面や出会って間もなくはどんな男性も疑ってみる傾向があるでしょう。

とくに元夫に似たような部分を発見すると、それだけで恋愛対象から除外されてしまうこともあります。
ですが、男性である以上、必ずどこかに共通点はありもので、それをカバーできるような良い面を理解してもらうことができれば問題ありません。

子連れの女性とお付き合いするということは、彼女の子どもも含めて家族になるという事実を受け止めることです。

結婚を意識するといったレベルの話ではありません。
子どもがいる以上、彼女は恋人よりもわが子が一番大切な存在です。

男性にとっては少し悲しい現実かもしれませんが、子どもが何より宝で自分よりも大切な存在におもうのはどんな母親でも同じでしょう。

それでは子連れの女性に恋愛は必要ないのかというと、そうではありません。
ひとりきりで子どもを育てていくことの不安や責任の大きさは女性ひとりの手にはやはり抱えきれないほどです。

悩んだり、落ち込むような出来事があっても前に進むしかないそのときに、心の支えになってくれる存在は、親や親友ではなく、やはり男性なのです。

シングルマザーの彼女との将来をまじめに考えられる男性は、恋愛も遊び感覚ではすぐに見限られるでしょう。

また、子どもを軽視するような言葉や行動、すぐに二人の間に子どもをほしがることも彼女の不信感を招きかねません。

子どもが成人してから結婚しようという約束も、場合によっては子どもの気持ちではなく自分が責任を負いたくないから言っているのではないかと捉えられてしまうこともあります。

彼女と子どもをしっかり愛して守っていける覚悟があるのなら、タイミングは気にする必要がないのですから。

子連れに理解がありすぎる彼氏への贅沢な不安

シングルマザーの場合、彼氏とのデートも殆どの場合子連れになりますが、彼氏が子供の事ばかり気にしてくれて逆に申し訳ない、不満に思っているのでは?と疑心暗鬼になってしまうという声は少なくありません。
彼を大事に思う気持ちから彼氏に対して子供が原因で振られてしまうのでは?なんて考えてしまうことはありませんか?

恋愛を続ける上で障害はつきものですし、たまたま好きになった相手がシングルマザーだったというだけの事ですので、あなたはシングルマザーでも堂々としていれば良いですし必要以上に彼氏に気をつかったり疑心暗鬼になる必要はありません。
子連れのデートを毎回セッティングしてくれる彼氏にはねぎらいの言葉をかけたり感謝の気持ちを伝える、時にはプレゼントをするなど子連れだということを理解してくれていることへの感謝を伝えるのを忘れないようにしましょう。

感謝すればよいのであって自信を無くしたり自分を卑下する必要は全くありません。
恋愛をするのはタイミングも重要です。
運命の相手との出会いが少し遅れただけで、シングルマザーでもそのあと良いパートナーに巡り合い幸せに暮らしている例は非常に多いのが実情です。
子連れに理解がありすぎる彼に不安になってしまう気持ちもわかりますが、恋愛に不安はつきものですし徐々に子供を交えて一緒にいるのが自然になっていくのが理想ですので理解があることをありがたく考えて甘えさせてもらうのが良いでしょう。

子連れに理解があるのであれば、父親としての適性にも問題ない可能性が高いですし、初めから完璧な家族なんてありませんので徐々に恋愛関係から家族になっていくことを想定したパートナー選びをするのがお進めです。
たとえばデートの場所が毎回子供が好きそうな場所をセッティングしてくれるのであれば、「いつも子供の事を考えてくれてありがとう」や「今度は~君の行きたい場所にも行ってみたいな」などと彼の希望をとりいれたデートを望んでいることをアピールすると優しい気持ちや思いやりが伝わりますし、たまには子供を親や兄弟に預けて2人っきりでデートを楽しむのも良いでしょう。

子連れに理解がありすぎる以外にもシングルマザーにはいろいろな不安が付きまとうものですよね。
でも、それはシングルでなくても皆同じ事です。
ママだって恋愛を楽しんで幸せを味わっても良いはずです。
子供や彼の事を大切に思っている気持ちを素直に伝えることで徐々に不安は解消されるはず!

初めての子連れデートで気をつけるポイント

この世の中はたくさんの人間で成り立っています。
そのため生きていれば数えきれないくらいの出会いがあります。
その数ある出会いの中でも、恋愛関係を結びたいと願う相手との出会いは奇跡的なものです。
好きなった相手と末永く良い関係でいたいと、多くの人は願うでしょう。
しかし、人間が生きていれば色んな事があります。
進学したり、就職したり、結婚したり、出産したり、離婚したりもあるでしょう。
離婚して子どもがいる場合は、その後の恋愛は諦めなければならないのか、と問われると答えは「ノー」でしょう。
子どもの父親母親としての役目は勿論果たし続けなければなりませんが、一人の人間としての恋愛まで諦める必要はありません。
子持ちのシングルファーザー、シングルマザーになっても好きな人との恋愛を諦めないで下さい。
そうして好きな人が出来て目出度く恋愛関係になりデートを重ねていく中で、やはりいつ子どもに引き合わせるか、という事が二人の中で悩みの種として出てくるかもしれません。
初めての子連れデートは緊張の連続です。
まず子どもが来てくれるのか、来てくれたとしても相手にどんな態度をとるのか、等々考え出したら恐怖の連続とも言えるでしょう。
まずは、デートに連れて行く前に子供に、交際相手が自分にとってどんな存在の人なのか話しておきましょう。
その際は決してその子より交際相手の方が大事などと思わせないように気を付けて下さい。
「一番大事なのはあなただけど、交際相手も心の支えになる大切な人」というような説明の仕方が良いでしょう。
相手に対しても、子どもが素っ気ない態度をとってしまう可能性があることは重々伝えておきましょう。
うまく子どもがデートに来てくれて、初めて相手と会った際に気をつけるポイントは、自分がいかに交際相手を信頼しているかという事を態度で示すことです。
言葉でいくら相手の事を褒めちぎっても、子どもの心には響きませんし、仮にそれが嘘であったとしたらすぐに見抜きます。
あなたが相手に全幅の信頼を置いて安心していることを子どもに実際見て感じて貰うようにしましょう。
だからと言ってわざとらしく何かをする必要は全くありません。
相手に向ける笑顔であったり、あなたと相手のアイコンタクトであったり、言葉以外のもので子どもは色々な事を察知します。
あなたの相手に対する信頼と安心が伝われば、子連れデートはきっと成功します。
あとは相手と子どもとの話のきっかけを作ったりして、自然に距離が縮まっていくのを待ちましょう。
焦りは禁物です。
あなたと相手の信頼関係が成立していれば、子どもがいてもきっと恋愛関係は長続きするはずです。

子連れ女性のパートナーは誰でも大丈夫というわけではない

子連れ女性と恋愛する場合は、相手の女性との関係だけでなく、その子供との関係についても良く考えてから関係を発展させる事が必要です。
だから子連れ女性のパートナーは誰でも良い大丈夫と言うわけではありません。
自分たち2人だけではなく、子供が関係してくるからこそ慎重にその関係を築いていきましょう。

先ず重要ばポイントの一つが、相手の子供も好きになれるかと言う事です。
相手の女性の事は好きだ、でも子供は自分と血がつながっているわけではないから複雑な気持ちになってしまう男性は決して珍しくありません。
ただどこかに遊びに行くだけの関係であれば、子連れかどうかと言う事は殆ど関係なく恋愛関係を維持できます。
しかしその後の事を考えた場合、そのお子さんと自分が将来一緒に歩んでいく事が出来るか、お子さんの世話が出来るか、と言う事が重要になって来ます。
子供はドンドン成長していき、今は小さくてもすぐに学校に通い、気が付けが社会人になっています。
血がつながってるかどうかと言うのは人間関係上それ程気にする必要はありませんが、女性だけでなくその子自身を愛せるか、大切に出来るかどうかを考えましょう。

もう一つは子連れの女性は母親でもあると言う事を理解しているかどうかと言う事です。
男性の中には、パートナーに対して甘えたい、自分だけを見ていて欲しいと思ってしまうことも有ります。
もちろんこれはごく自然な心理であり、決して珍しかったりするわけではありません。
ただ子連れの場合はその人のお子さんも関係してきます。
男女2人のペアであれば恋愛関係は維持できたとしても、そこにお子さんが関係してくるとなると3人以上でその関係を築き上げて行く事になります。
女性は1人の女性として男性の前に立つだけでなく、相手が自分に心を許して行けばいくほど、母親の面も見せてくるでしょう。
そんな姿を見て、その姿も同時に認めて包み込む事が出来るかどうか、これもまたパートナーとして考えておきたいポイントです。

恋愛自体は自由で、色々な事を気にせずに自分の気持ちに正直に動いたとしても何も問題はありません。
しかしそこにお子さんが関係してくると話は別です。
お子さんは母親と一緒にいる様になった男性に対して、もしかしたら自分のパパになってくれるのではないか、なる可能性があるのではないかと思う様になります。
ただ恋愛関係となるだけでなく、その先の結婚も視野に入れた関係になる場合は決して少なくありません。
子連れ女性のパートナーとなる男性は、やはりお子さん込みでその女性とお付き合いできる男性であると言うのが最低限必要な条件だと言っても良いでしょう。