バツイチ子連れは恋愛対象になりにくい?

最近では離婚をする夫婦がかなり増えていますよね。
街中を幸せそうに歩いているカップルの中にも、どちらかがバツイチのカップルが多いです。
離婚をする人が多いということで、離婚歴があっても引け目なく好きな男性と付き合う女性は少なくありません。
しかし、子連れとなると話は別でしょう。
子どもがいるとどうしても恋愛をためらってしまう女性が多いです。
子どもがいるということで、交際を断られてしまうのではないかと考えてしまいがちです。
しかし、実際のところはどうなのでしょうか。
バツイチ子連れの女性は男性にとって恋愛対象になるのかならないのか気になりますね。
確かに、男性の中には子連れの女性を恋愛対象にしないという人もいます。
中には離婚歴がある女性とも付き合わない男性もいるでしょう。
特に年齢の若い男性にその傾向が強いです。
自身の年齢が若いとどうしてもバツイチや子持ちの人と付き合うのに抵抗を感じてしまいます。
しかし、30歳を超えるくらいになると、バツイチくらいではほとんど気にしない男性が多いです。
30代以降なら、離婚歴があることをカミングアウトしても、それで交際を断る男性は少数派でしょう。
その男性にとって素敵な女性であれば、過去に離婚歴があっても特に気にすることなく恋愛関係になることが多いです。
ただ、子持ちの場合については、比較的年齢が高めの男性でも慎重に考えます。
特に結婚まで考えるとなると、躊躇してしまう男性が多いでしょう。
子持ちの女性と結婚するということは、その子どもの父親になることを意味します。
つまり、その子どもを養って行くことになるため、どうしても慎重にならざるを得ません。
それでも、結婚は考えず交際をするだけであれば、子連れの女性でも構わないと考える男性は意外と多いです。
素敵な女性であれば子持ちでも十分に恋愛対象になります。
そのため、子どもがいる場合には、交際を始める時点で子持ちであることを打ち明けておきましょう。
そして、恋愛を続けているうちに相手のことをどんどん好きになって行くことがあります。
最初は結婚までは考えていないつもりでも、交際している間に結婚したくなることも多いでしょう。
相手の女性がバツイチ子持ちであっても例外ではありません。
子連れで再婚したのいのなら、まずは交際をしてみることが大事です。
そして、相手の男性とともに素敵な時間を過ごしましょう。
お互いに惹かれ合えば、子連れでも結婚できる可能性はあります。

最後に、もう一度会いたい

中学生の時の話

彼と出会いました。
あまり、話した訳じゃないけれど、お互い少しずつ気になりはじめて、付き合うようになりました。

あの頃、2人ともピュアで、学校では目があうと微笑みあうような関係で、何か話す時はわざわざ呼び出して、人にあまり見られないように、コソコソしていました。

中学三年くらいから、一緒に帰るようになり、全く方向が違う私の家まで、嫌な顔ひとつせず、送り届けてくれました。
それなのに、卒業と共に別れてしまいました。

私に好きな人が出来てしまったのです。

優しい彼とは反対に、私の事をずけずけ言ってくる人を。

逆にその時は新鮮で、私も言いたい事を飾らず言えたので、惹かれてしまったんだと思います。

 

月日が経ち

私もちょっとだけ大人になりました。

私は卒業時とは違う人と付き合っていましたが、ある時合コンに参加しました。
飲み屋で、もう会計しようかとなった時に、目の前をあの、ピュアな恋愛をした彼が通りすぎようとしていました。
言葉は発しませんでしたがお互い気がつき、その後に少し話して、後日また会う約束をしました。
数日後、2人で飲みに行き、今までの事を色々話しました。

中学の時より話しやすくて、盛り上がりました。

帰り道、キスをしてくれようとしましたが、私はとっさに顔を背けてしまいました。

すると彼は優しく、おでこにキスをしてくれました。

その日を境に、連絡も途絶えていたのですが、またバッタリ再会しました。

でも、その時は何だか軽い感じがして、引いてしまい、特にまた連絡を取る事もありませんでした。

そのまたある日、再会

でも私は彼氏といたので、あー!としか言えませんでした。

彼が爽やかに手を振ったので、私も振り返しました。

本当にさよなら、、そんな気がしました。

それからもう再会していません。

あの時期、神様があなたにはこの人だよ!と背中を押されていたような気もします。

今でも、もう一度、会いたい人です。

恋愛相談は見極めが肝心

電話してくる友達

彼氏とケンカする度に別れたいと電話してくる友達。

その彼氏は結構な暴力男で私も真剣に相談に乗っていたけど、解決せず。

ある日、事件が起こり慌てて友達の家に向かい仲裁しようとしたが、結局途方に暮れることとなりました。
会社の新人研修で知り合い、友達になった子の話です。

とにかく、頻繁に彼氏とケンカしていて、酷い時は足に青アザが出来るほど蹴られていました。

その度に電話で相談されてて、心配でしょうがなかったです。
彼女は、束縛も凄いし暴力も辛いから別れたいのに、怖くて言い出せないらしく、私は「何かあればすぐ行くから連絡してね」と彼女に言ってたんです。

 

ある日の夜中

 

電話が鳴り、見てみると友達でした。

飛び起きて話を聞くと、夕方ケンカしてそのまま無視してたら窓を割って入ってきて、怒鳴り散らされたよう。
これは放ってはおけないと思って、急いで車で向かったわけです。
しかし着いてみると彼氏は居らず、窓も割れてない。

(おやおや、どういうこと?)と思ってると、友達が「ごめんね。ケンカはしたんだけどさっきのは嘘なんだ」って。
「ムシャクシャして、誰かに慰めて欲しくて彼氏の事を悪く言ってたの。家まで来てくれてありがとう」

そう言われて、

私が「え?全部嘘?怪我してたのは?」と聞いたら、

「あれは、自分でぶつけちゃった怪我で、心配して貰いたくて彼氏がした事に・・」って。

 

もう一度「ありがとね」と言われ、私は「ど、どういたしまして」と帰りました。

私の顔は引きつった笑顔だったことでしょう。

何も無くて良かったけど、今まで心配していた私は・・と途方に暮れました。

それからは、誰に相談されても少し疑っちゃう自分がいます。

その後、友達と彼氏はできちゃった結婚しましたとさ。

お幸せに。

バンドマンに恋した女の子の話

バンドマンに恋しちゃった話

バンドマンといえば一定の女性からの指示を得られるという夢の職業です。
そんな憧れのような存在を自分のものにできたらと思う女性も少なからずいるわけです。
私の知り合いもとあるバンドのメンバーに対して熱烈な恋心を抱いてしまい、痛い目を見たというお話です。
バンドマンっていうのはみんながみんなとは言いませんが基本的にクズみたいな性格の人間が多いのです。

たとえば会う約束をしていたのに時間になっても待ち合わせ場所に来なかったり。

付き合っていると彼女には告げていても実は当人にはそんな気は全く無く、他のメンバーにもフリーだと公言してしまったりといったことがしばしば。
私の知り合いもとあるバンドのメンバーに熱を上げてだいぶ時間とお金を注ぎ込んでいたようです。

バンドマンにゲスはつきもの・・・

ところがそのメンバーはただの金づるとか一ファンくらいにしか考えていなかったようで、何度かその子を抱いているにも関わらず素知らぬ顔で接していたようです。
彼女の中では自分の彼氏として認識があったのにもかかわらず、バンドマンからは同じ立ち位置で見られていなかったというのが後からわかって、とても悔しがっていました。

 

バンドマン

 

ピュアな忘れられない初恋

初めて出来た好きな人

小学生四年生、初めて出来た好きな人。

だけど幼なじみもその人を好きでした。

五年生・六年生と話す機会が多くなりどんどん大きくなる恋心。

噂では両思いだけど幼なじみのことが頭をよぎって告白も出来ない自分に卒業式の後、好きな人から呼び出されました。

その内容とは、、?

卒業式に

卒業まで何もできなかった自分にとうとう卒業式がやってきました。

楽しかったね、と友達と話すなか、頭では最後に告白しようと思ってた矢先。

好きな人の友達から、好きな人が話があるらしいからとよく遊んでた公園に呼び出しがありました。

ドキドキしながら「もう告白しよう!!」と思いました。

でも恥ずかしく「話ってなに?」と冷たくいってしまった。

好きな人は「私ちゃん(私の名前)って好きな人いるの?」の一言。

「いるけど。幼なじみちゃん(幼なじみの名前)と好きな人一緒なんだよ。告白しようか悩んでる。」と伝えた。

「え、そうなんだ。そっかー…えっと俺と付き合ってくない?」と告白された。

ビックリして「え、なんで?」っとまたまた冷たくゆってしまった。

「好きなんだ」と一言。

嬉しすぎて返事より先に泣いてしまいました。

「私も好きです。」

初恋の人と結ばれる事になりました。

幼なじみに伝えると
「今日告白するって言ってた人と付き合うやろうだろうなって思ってたよ。おめでとう!」と祝福されました。

今でも忘れられない初恋、両思いの思い出です。

今では初恋の人とも仲良しのお友達で笑いながらこの話をして少しポッとするほどピュアな初恋でした!!

 

桜

初めてのバレンタインデー

バレンタインデー

バレンタインデーなんて、どうやって知ったのかすら覚えていません。

チョコレートを渡すなんてことも、どこから聞いたのでしょうか。

本当におませだったのですね、私。

彼の記憶に、こんな恥ずかしい出来事が残っていませんように。

 

嫌いな男の子が・・・

はじめは、どちらかというと嫌いな男の子でした。

それが、中学校の理科の授業で同じ班になり、二人でキックボクシングの話で盛り上がるようになってから意識するようになったのです。

背は大きいほうではありませんでしたが、バスケの上手な子でした。

その頃読んでいた漫画にでも書いてあったのでしょうか。

バレンタインデーなんていうハイカラな行事を知った私は長い時間をかけて、必死でプレゼント用に下手なマフラーを編み、チョコレートと一緒に渡すという暴挙に出たのです。

たぶん彼はバレンタインデーなるものを知らなかったと思います。

渡したチョコレートも、たしかその辺で売っている赤い包みのミルクチョコレートでした。

放課後に友達が呼び出してくれて渡しました。

どう思ったかは、わかりませんが彼は受け取ってくれました。

今思えば、プレゼントとチョコを渡すことだけで満足だったんですね。

好きだと伝えたかったわけではなっかたのです。

たったそれだけのことでしたが、私の初恋とバレンタインデーデビュー!

 

ダメ男でも大好きなんです・・・

なぜかダメな男ばかり

私の恋愛は男運のないダメな男ばかりを引き寄せてしまいます。
そんな今回の私の恋愛はギャンブル男でした。
やがて借金がある事も分かり、私にもお金を要求するようになってきました。
彼と別れたくない一心でお金も工面してましたが辛さを乗り越えて彼と断ち切る事ができました。

 

男運のない恋愛ばかり

私は男運のない恋愛ばかりしています。
付き合う男の人はダメな人が多いのです。
暴力を振る男性や、浮気をする男、だらしない生活をする男とさまざまなダメ男と付き合ってきました。
今回の人は凄くかっこ良くて私のタイプでした。
一緒に居るだけで何でも許せるくらいカッコいいんです。
そしてすぐにダメな所が出てきました。
ギャンブル好きな彼はパチンコ漬けの毎日でした。
貰うプレゼントは景品ばかり、それでもちゃんと私の事を考えてくれているのがとても嬉しかったです。
そんな彼は借金がある事を知りました。
さすがにお金が絡むと付き合えないと分かっていましたが、それ以上に好きと言う気持ちが勝っていました。
お金を貸して欲しいと言われるようになってきました。
それでも断ると別れると言われました。
何よりも別れる方が嫌だった私は彼の為に我武者羅に働きました。
それでも莫大な金額を請求されるようになって目が覚めました。
彼との別れは淋しくて辛くて何度も何度も彼の元へ行きたくなりました。
彼依存症になりましたが、将来の事を考えると地獄です
葛藤と闘いながら、彼の気持ちを断ち切る事ができました。
今は仕事が恋人です。